高血圧の方の食事に便利な宅配食事

高血圧宅配食事

 

高血圧の方や高血圧予防は塩分の摂りすぎを抑えることを勧められます。
体質的な方も居れば、食生活、生活習慣によって血圧が高くなったという方もいらっしゃいます。

 

特に年齢を重ねていくと高血圧によって危険視される病気は増えてきます。
専門的な治療以外で自分で行える高血圧対策の基本は食生活・生活習慣の見直しです。

 

特に高血圧の方は食事の内容に気を使う必要があります。もしご自身や御家族の中で血圧を気にする必要がある、お医者さんから高血圧に伴う食生活の改善をアドバイスされている方は、宅配食事にも目を向けてみてはいかがでしょう?

 

自分で作る食事で塩分計算やカロリー計算が苦手、一人暮らしの方などはつい食べ過ぎたり、調味料をかけすぎたりと楽しい食事の中で面倒に感じることも多くなります。

 

宅配食事のメニューの中には減塩食やカロリーコントロールをしているメニューも多いですし、食事制限に特化した専用メニューを展開している宅配食事会社も増えています。

 

>> 塩分調整ができる宅配食事ランキング
>> カロリーコントロールメニューが充実している宅配食事ランキング

 

高血圧の方の食事に役立つネット注文可能な減塩食・カロリー調整食の宅配食

減塩メニューやカロリー調整メニューといっても宅配食事サービスによって内容は様々です。
その中で自分の目標となる塩分量やカロリー内に収まる宅配食事サービスをチェックしてみてください。

 

こちらでは減塩・カロリーコントロールメニューの内容がシンプルでわかりやすいウェルネスダイニングとメニューが豊富なニチレイフーズダイレクトの2社をご紹介です。

 

ウェルネスダイニングの特徴
■おすすめコース
塩分制限気配り宅配食・カロリー制限気配り宅配食

■塩分制限気配り宅配食の内容
1食あたり2g以下
カロリー300kcal以下

7食:4,500円
14食:8,800円
21食:13,000円

■カロリー制限気配り宅配食の内容
1食あたり2.5g以下 カロリー240kcal以下
7食:4,500円
14食:8,800円
21食:13,000円

価格
1食あたり643円
評価
評価5
備考
7食セット・14食・21食
ごはんの有無
おかずのみ・ごはん別売り有
品数
主菜1品・副菜3品
保存
冷凍
温め
電子レンジ
定期購入
送料半額の350円
ウェルネスダイニングの総評
沢山のコースがあっても選ぶのが面倒な方は多いです。ウェルネスダイニングではコース自体は塩分制限・カロリー制限・たんぱく質制限・糖質制限・通常食2コースの5つのコースのみで、目的に合わせて一つのコースを選ぶだけで、日替わり献立で食事の準備が可能です。 制限食を美味しく・しっかり続けたいという方にピッタリな宅配食で、定期購入利用の方ならいつでも管理栄養士による栄養相談ができるので、高血圧対策の食事に関する疑問も解消してくれます。

ニチレイフーズダイレクトの特徴
■おすすめコース
気配り御膳・塩分控えめコース

■気配り御膳
1食あたり2g前後
カロリー平均228kcal

7食:5,186円
7食(ご飯付き):6,112円

■塩分控えめコース
1食あたり平均1,6.g以下
カロリー230kcal前後
7食:5,093円

塩分控えめコースには魚が主菜のコースもあります。
価格
1食864円から
評価
評価5
備考
7食セット5,562円(おかずのみ)
ごはんの有無
ご飯付きコース有
品数
主菜1品・副菜4〜6
保存
冷凍
温め
電子レンジ
定期購入
5,000円以上3回の利用・送料無料
ニチレイフーズダイレクトの総評
ニチレイフーズダイレクトは豊富なメニューが人気の宅配食事です。制限食のメニューもコースが豊富な上にご飯付きや魚メインのコースなど、幅広い年代の方に対応できるのが魅力です。 また品数も主菜プラス副菜4〜6品ほどと他の宅配食よりも豊富な内容ですので、沢山の品目を食べながら塩分やカロリーに配慮した食事ができます。 自分で作ろうと思うと沢山の材料が必要になる品数を毎食食べられるのは嬉しいですね。

 

高血圧と診断される血圧数値は?

一般的に医療機関で測定した時に上の血圧が140mmHg以上、下の血圧が90mmHg以上で高血圧と診断されます。
さらにその中で血圧の数値によって「T度高血圧」「U度高血圧」「V度高血圧」の3段階に分類されます。

 

血圧が気になる方の食事ポイントは減塩が基本

血圧が気になる、お医者さんにしてきされた時にまずアドバイスを受けるのは食事の面だと思います。
家族に高血圧の方が居る方にとっては耳慣れた「塩分を控える」というワードはテレビなどでも取り上げられ日本人の多くが理解している点です。

 

そんな高血圧対策の基本はやはり、減塩と言われており、日本人は塩分摂取量は昔から高いことでも知られており、高血圧は昔から日本人の健康に影響を与えてしまう症状であることがわかります。

 

参考:厚生労働省HP「高血圧症」

 

1日の塩分摂取量目安

この高血圧を招く食生活の元である塩分の摂りすぎをコントロールすることが血圧対策の基本とされています。

 

日本人の食事摂取基準2015年版の中でも、日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインでも減塩目標は1日食塩6 g未満というように記されています。
平均的な目標では男性8g、女性7gとなっています。さらに腎臓病の方になると3〜6gほどとされています。

 

日本の塩分摂取の目標数値は7〜8gが目安と言えますが、WHO世界保険機関の1日の塩分量の目標値は5g未満となっていることを考えると、日本人は塩分摂取が多い傾向にあることがわかりますし、控えるのが難しい食分化であることもわかります。

 

参考:日本人の食事摂取基準2015年版-各論-ミネラル(多量ミネラル)

 

この他にも病院から出される高血圧に伴う食事の食事療法のガイドなどでは、塩分を控える他に野菜や果物、肉と魚の食事バランスを魚にシフトするといったことを勧めています。

 

食事は自分で行える血圧対策の一つです。かかりつけ医指導のもと1日の塩分摂取量を参考に食事作りをすすめるのが一般的に取り入れられる高血圧対策の食事となります。

 

高血圧予防でも減塩が基本

病院に行くほどではないけど、将来の高血圧に備えたいという方は多いです。
そんな方は1日の塩分の摂る量を知ることも健康的な食生活に役立ちます。

 

ちなみに厚生労働省が調査した「平成25年国民健康・栄養調査結果の概要」では
平均塩分摂取量は男性で11.1g、女性9.4gという結果が出ており、目標の6gよりも上回っていることがわかります。
将来の健康を考えると、適度な塩分量を意識することはバランスの良い食事に繋がりますので、今から取り組むことは決して無駄にならないと言えますね。

 

高血圧対策の食事知恵袋

高血圧の方が日々の食事で気をつけたいポイントを実際にお医者さんから頂いたアドバイスを元にご紹介します。

 

高血圧の人向けの献立・レシピ作りの基本

高血圧の方の食事作りは減塩とカリウムを不足しないバランスがポイントです。
そして食事を作る時にも一工夫することで塩分やカロリーを抑えることに繋がります。

  • 主菜:揚げ物や炒め物による塩分や油分の摂りすぎを控えて、茹でる・焼く・蒸すことで余分なカロリーを摂ることを控える
  • 汁物:お味噌汁は味噌の量に注意が必要で可能なら出汁をひくなど(顆粒出汁は塩分多め)旨味をきかせ、減塩を意識
  • 味付け:塩の使用量を減らす工夫としてコショウやカレー粉、七味といったスパイスを取り入れたり、お酢やレモンなどの酸味で味にアクセントを付けるのも味気ならないためのポイント
  • 満足感を高める:食べ過ぎ対策としては噛みごたえ・食べごたえを意識して食材の大きさや食感を工夫することで噛む回数も増え満腹感を得やすい

 

味噌汁も減塩対象

味噌汁は日本人のソウルフードと呼ばれる馴染み深い料理の一つ。でも近年では味噌汁の塩分にも気を使うことを勧められることが多いです。
市販のインスタントみそ汁なども減塩というワードが記載されていることが多いです。

 

一般的な味噌汁には1杯で約1.5〜2.0gの塩分が含まれていると言われており、1杯ならまだしも、3食で味噌汁、しかもおかわりをすると塩分が多くなることが分かります。

 

味噌汁を作る時のポイントは味噌なども減塩タイプを使う、使用する量を控えることが減塩の基本です。
味が薄いと感じる場合には出汁かつおだしなどで調整をしてトータルの塩分を控えることが食事のガイドでも勧められています。
ただし、市販の出汁も塩分が多い傾向にあるので、時間に余裕がある方は鰹節や昆布から作ることを勧められていますが、ちょっと大変ですので、味噌の使用を控えつつ具などで調整して行くのがおすすめされています。

 

野菜や海草、豆腐、きのこといったビタミン・ミネラルが豊富な食材を入れて食べるのがおすすめされています。
ですので、味噌汁の減塩は具だくさんで汁は少なめということを意識するのがポイントです。

 

体内の水分調整に関わるカリウムは塩分(ナトリウム)と対をなすような働きでバランスを取って、余分なナトリウムを体外へと排出するのに必要なミネラルです。野菜や海草にはミネラルが豊富ですので、ジャガイモやネギ、たまねぎ、わかめや豆腐,など味噌汁の定番具材を沢山使って減塩を目指すのがおすすめされています。

 

味噌汁は1日1杯にするくらいが実は丁度良い塩分量であることがわかりますので、あまり運動をしないという方は食べ過ぎに注意ですね。

 

減塩生活には野菜・果物を活用!血圧対策に嬉しい食べ物

野菜や果物には、ビタミン・ミネラルが豊富ですし、料理のカサ増しにも使えます。
味付けも野菜の風味を活かすことで、醤油や塩などの調味料の使用を減らすことも期待できますのでおすすめされています。

 

カリウムが豊富な食材

カリウムは体内の水分調整に関わる働きをすることで知られているミネラルの一つ。塩分過多な生活では不足しがちな栄養素です。
カリウムが豊富だと言われているのはブロッコリー・パセリ・アボカド・ゴーヤ・パイナップル・バナナ・キウイなどの身近なものも多いので、食事に加えやすくおすすめです。
他にもいんげん豆やきくらげ、キノコ類でもカリウムが摂れます。

 

カルシウム補給に役立つ食品

カルシウムも偏りがちな食生活では不足しがちです。乳製品に含まれるカゼインというリンタンパクの一種は健康に嬉しいたんぱく質として注目されています。
大豆・ピーナッツ・牛乳・ヨーグルト・チーズなどで摂ることができます。

 

マグネシウムが摂れる食品

カルシウムとバランスを取りながら血管の収縮・拡張にも関わるマグネシウムは補酵素として沢山の酵素の働きをサポートする5大ミネラルの一つです。
ゴマ・玄米・わかめ・ゴーヤなどでマグネシウムが摂ることができます。

 

サラサラ食材のたまねぎ

たまねぎにはイソアリインという成分やケルセチンというポリフェノールの一種が含まれており、サラサラに嬉しい食材として紹介されることも多いです。
味噌汁の具としても使えますし、サラダなどにも使えるので注目ですね。

 

お茶で血圧対策

病院でもらう血圧にまつわる食事療法ガイドなどでは食べ物だけでなく、飲み物についてもアドバイスしてくれています。
例えばカテキンが豊富な緑茶はおすすめされています。カテキンは近年テレビでも取り上げられるポリフェノールの一種です。

 

他にもドクダミ茶などもおすすめされることがあります。

 

野菜不足な方のサポート

仕事が忙しくて血圧が気になるけど、食生活に気を使いきれないという方は多いです。特に野菜不足解消は日本人の食事のテーマにもなってきています。

 

青汁や野菜ジュース、トマトジュース、バナナジュース、スムージーなどの野菜や果物の栄養や食物線維が摂れる飲料は野菜不足な方におすすめです。
ただし、市販のものだと、砂糖や塩分が多い傾向にあるので無糖、無塩に注目してみましょう。

 

高血圧食事指導ではどんな指導が行われるの?

高血圧と診断されると、生活習慣の改善の他に食事の改善を勧められます。ここまでご紹介した減塩やカロリーの摂り方に注意しながらカリウムなどのミネラルが摂れる食事を中心にバランスの良い食事を続けることになります。

 

高血圧と診断されて薬を処方されても食生活や生活習慣が変わらないと高いリスクを抱えた状態であるため、お医者さんからも食事指導は必ずアドバイスされることになります。

 

基本として腹八分目を守り、カロリー過多な食生活を送っていて肥満傾向の方は食事指導に取り組んで減量を伴って血圧対策を目指すという目的もあります。

 

高血圧予防の生活習慣

高血圧対策では食事と共に改善する必要が出てくるのが生活習慣です。

  • ウォーキングやジョギング・軽い筋力トレーニングなどの有酸素運動を取り入れる
  • 車中心の方は歩くことを意識する
  • お酒は適量でおつまみの塩分に注意
  • 水分補給のクセを付ける
  • 不規則な生活による睡眠不足・ストレス対策

これらは健康的な毎日の基本ポイントであり、高血圧ではない方にとっても、予防につながる健康習慣です。


プロの栄養士が監修した宅配食を利用するメリット

日本人の食事には昔から塩分が多く含まれています。これは日本の昔ながらの食文化が影響しているのはみなさんも実感されていると思います。

 

例えば一般的な和食を例に挙げると、
朝食時にはご飯、味噌汁、梅干しなどの漬け物や納豆、豆腐といったメニューそしてこれらにはしょうゆをかけることが多いです。
さらに朝食以外で三度の食事毎、ご飯・味噌汁に加えて、焼き魚、魚の干物にもしょうゆ、煮物類にも多くのしょうゆが使用される文化です。

 

しかも塩分の高い食事は日本人にとって癖にやりやすく急に塩分を減らした食事を作ると美味しく感じられなくなります。
さらに一人暮らしの世帯や高齢者だけの世帯では、食事を手作りする時間がないことが多くレトルトやスーパー、コンビニといった手軽だけど塩分が多い食事が中心になってしまいやすくなります。

 

こういった日本人の食文化や生活環境にも寄り添ったサービスが宅配食です。

 

宅配食事は出汁を多く使うなど、味付けに工夫とメリハリが付いているので塩分が少ないと薄味で味気なさそうなイメージも食べると全然違います。
しかも味のバリエーションが豊富(醤油以外の味付けも多い)なので、自分で作る塩分を控えただけの味気ない料理とは全然違いますし、使用する品数はたっぷりです。

 

また、宅配食事は費用がかかると感じる方もいますが、買い物に行く手間が無くなりムダがない食費の管理にも役立ちます。

 

宅配食事の使い分けで上手に塩分・カロリーコントロール

宅配食事のおすすめな所は、ずっと利用しなくてはいけないということではなく、必要な時に必要な期間分の利用がしやすいサービスとなっているためです。
自分の必要な食事の数量がわかっていれば、無駄な買い物をする必要がなくお財布的にも同様です。

 

しかも、味に飽きてきたなと思えば、自分で違う会社を選択することができます。健康食品のように何カ月縛りといった条件を設定している会社は少なく、1カ月分の利用でお休みというのも自由に行えます。

 

そのため、味に飽きたと思ったら、違う宅配食事を試すといった使い方で塩分やカロリーに配慮した計算された食事を毎日続けられます。

 

宅配食事は塩分相当量は1食につき減塩コースなら2.5g以下に設定されてる会社が多いです。

 

難しい計算がなく簡単に塩分コントロールが可能です。

 

塩分の摂りすぎは高血圧以外にも様々な影響があると言われており、塩分の取りすぎを減らすのは現代人の食事のテーマでもあります。
塩分のコントロールされた宅配食事で上手に減塩してみませんか?

 

>> 塩分調整ができる宅配食事ランキング

トップへ戻る