価格の安い宅配食ランキング

宅配食を利用したいけれど食費も抑えたい!と考えている方に価格の安さで比較した宅配食ランキングをご紹介します。
美味しさはもちろん、コスパ重視で安さで選びたいと言う方におすすめの宅配食をご紹介。

 

ベルーナグルメの特徴
ベルーナグルメは、はなまる御膳、ほほえみ御膳、匠のまごころ御膳の3コースがあり、10食4,980円、匠のまごころ御膳とほほえみ御膳はプラス1,960円でご飯・汁物付きのセットも選べます。

主菜と副菜3品の内容で1食あたり498円と安さも魅力の宅配食事です。宅配食事を利用する際の食費を抑えたい方におすすめです。

今なら各コースのお試しが注文できます!
価格
1食あたり498円〜
評価
評価5
備考
送料は通常600円、定期コース送料無料+クール配送料金200円
ベルーナグルメの総評
食事に制限がある人でもしっかりと満足感が得られる献立に加えて、価格面も1食あたり498円〜と良心的です。
ただ価格が安いだけでなく、管理栄養士と有名料亭の料理長がメニューを監修するなど、味も美味しく、主菜にボリュームがありながらも、栄養バランスはもちろん、カロリー、塩分量にも配慮されています。

宅配食は基本、毎日食べるために利用される人が多いので、ベルーナグルメは味やメニューのバリエーションはもちろん、価格面でも食事作りが大変な人に利用しやすい宅配食事となっています。

ワタミの宅食の特徴
価格と一食のおかずの量のバランスが良く、食費を抑えながら宅配食を利用したい人におすすめです。

週5日のお届けと7日のお届けも選べるほか、ご飯付きのコースも用意されているのでご飯を用意しなくても良いため、高齢者の方の食事としても役立ちます。

ワタミの宅食のメニュー
  • まごころ手鞠:5食コース2,450円※1食あたり490円
  • まごころおかず:5食コース3,080円※1食あたり616円・7食コース4,312円
  • いきいき珠彩:5食コース3,200円※1食あたり640円・7食コース4,432円
  • まごころ御膳:5食コース2,900円※1食あたり580円・7食コース4,060円
  • まごころこば:5食コース2,490円※1食あたり498円・7食コース3,480円
価格
1食あたり490円〜
評価
評価5
備考
送料無料(自社配送)
ワタミの宅食の総評
安さもおすすめポイントですが、食事の内容も優秀なのがワタミの宅食の魅力です。

カロリーや塩分を控えたい人の食事としても利用できるコースが用意されていて、メニュー全体でカロリーはおかずのみなら250kcal、ご飯付きのコースで500kcalに抑えた食事で、塩分も2.0g以下という内容です。

献立は管理栄養士が監修しているため、使用されている食材の数も多く栄養面もしっかり考えられています。

自分で作るよりも健康的でカロリーや塩分にも配慮された献立と言えるバランスの良い内容なので、食費を抑えながら宅配食を利用したい人にも喜ばれています。

nosh-ナッシュの特徴
  • 一流シェフが作った味にもこだわった低糖質な食事が1食548円〜食べられる
  • 注文セット数が増えるほど1食あたりが安くなる
  • 食事はすべて手作り・砂糖未使用・国産野菜にこだわったメニュー
ナッシュの注文プラン
4食セット:2,800円1食あたり700円
6食セット:3,880円1食あたり647円
8食セット:4,780円1食あたり597円
10食セット:5,480円1食あたり548円
価格
1食あたり548円〜
評価
評価5
備考
1週目は送料無料・2回目以降送料一律900円
nosh-ナッシュの総評
一流のシェフが作ったこだわりの低糖質な食事を1食548円から楽しめる注目の宅配食です。 低糖質系の宅配食事は価格に対して、味やボリュームが物足りないと感じる人も少なくありませんが、ナッシュは一流のシェフが腕をふるったこだわりの食事です。肥満・高血圧の人に有効な結果を得た健康的な食事で使用している野菜は国産とこだわりながら、この価格を実現しています。 送料も初回無料ですし、基本プランは定期購入となっていますが、いつでもやめられるので、ダイエットを頑張りたい時だけ利用することもできるのもおすすめの理由です。

日清医療食品の食宅便の特徴
食宅便のお弁当は1食あたり5品のおかずが楽しめる内容の充実した冷凍弁当ですが価格の安さに定評があります。
定番のおまかせコースは1食あたり560円で購入できます。
ご飯は付属していないので、ご飯は自宅で炊いたり、別途ご飯も注文する必要があります。

メニューが豊富なので、好みに合わせたお弁当選びもできるのでファンが多い宅配食です。
価格
1食あたり560円〜
評価
評価5
備考
送料350円
日清医療食品の食宅便の総評
様々なコースが用意されており、肉料理コース、魚料理コース、和食コース、洋食コース、中華コースなど好きなメニューを楽しめるので男性にも女性にも、子供にも喜ばれる食事と評価されています。 美味しいお弁当を手軽な価格で購入できるのでおすすめです。

ニチレイフーズダイレクトの特徴
冷凍食品で有名なニチレイが提供している宅配食です。
高い冷凍技術で美味しさを閉じめるている食事なので美味しさは抜群です。
通常のコースにはご飯は付属していないので別途購入する必要がありますが、レトルトご飯のラインナップには糖質制限されたご飯など、ダイエットにもおすすめのご飯があるのでおすすめです。
価格
1食あたり585円〜
評価
評価5
備考
5,000円以上の利用で送料無料
ニチレイフーズダイレクトの総評
ニチレイフーズダレクトのお弁当の中でもっともおすすめなのが、女性のために構成されたウーディッシュコースです。
1食当たりの価格が500円代にも欠かわらず、ご飯も1つのお弁当におかずと一緒に盛り付けられているので、女性のお昼ごはんにもおすすめです。
安さと美味しさのバランスが抜群の宅配食です。

ウェルネスダイニングの特徴
ウェルネスダイニングの宅配食は、糖質制限あれた食事や塩分制限、たんぱく質制限された食事が取り揃えられている宅配食として有名です。
ご飯は付属しませんが、1食当たり663円から利用できるので、健康志向の方の食事としてコストを抑えながらも健康的な食事として活躍してくれます。
価格
1食あたり663円〜
評価
評価5
備考
初回送料無料 2回目以降も定期便の場合は送料350円
ウェルネスダイニングの総評
ウェルネスダイニングの食事は価格面と健康面をどちらも優先したい方におすすめの食事です。
ランチとしてもディナーとしても満足できるメニューなのでおすすめです。

わんまいるの特徴
わんまいるの宅配食は、一品ずつ個別包装されている惣菜セットで、1食当たり3品のおかずがセットとなっています。
1食当たり700円程度から購入できることに加え、手作り感のある家庭的で食べやすい味付けなのが魅力です。
価格
1食あたり696円〜
評価
評価5
備考
送料850円(税別) 北海道・沖縄県への配送は1950円(税別)
わんまいるの総評
ご飯は付属していないので、単品購入できる炊き込みご飯やチャーハン、ピラフなどを一緒に注文しておけば更に食卓を豊かに彩れます。
コストを抑えるのであれば、ご飯だけ自宅で炊いておかずはわんまいるの料理を使うのがおすすめです。
お弁当に入っているものではないので、湯せんで温めをしてお皿に盛り付けが必要です。
お皿に盛り付けることで、手作りの料理のように食事を出せるのも良いポイントです。

おまかせ健康三彩の特徴
おまかせ健康三彩の宅配食は1食当たり3品のおかずで構成されています。 カロリーコントロールコースや塩分コントロールコースなどもあるので、栄養バランスを気にする男性の方におすすめです。 製造から一年という長期保存が可能なので、冷凍弁当を常に冷凍庫にストックしておきたいという方にもおすすめです。
価格
1食あたり698円
評価
評価5
備考
定期購入・おためしセットは送料無料
おまかせ健康三彩の総評
ご飯は付属されていませんが、味の良さに定評があります。特に年配の方の口に合う味付けだと思います。 また、富士宮やきそばなどのB級グルメも低価格で購入できるのでおすすめです。

 

価格が安い宅配食の比較ポイント

ランキングには掲載されているサービスの中にも価格の安いお弁当のサービスもあります。
特に価格の安いサービスとしてヨシケイの夕食ネットがありますが、利用できるエリアが限られているため、地方部に住んでいる場合は利用できない可能性が高くなります。
公式サイトで利用可能なエリアに住んでいるかをチェックできるのでこちらからご確認ください。

> ヨシケイの公式サイト

 

価格の安さだけで選ぶ場合、コンビニなどで購入できるお弁当は1食500円程度で購入できるものがありますが、冷凍保存しておくことができないので毎日コンビニに出向いて購入しなければいけないというデメリットがあります。
通販で購入できる宅配食は冷凍保存しておいて、食べたいときに電子レンジや湯せんであたためて食べるタイプのものなので、ストックしておけばいつでも食べられるというメリットがあります。
コンビニに買い物に出かける時間を削減できるのできたり、外に買い物にでかけられないという方にも宅配食は便利です。

 

また、価格は安いけれどコンビニのお弁当は健康面に不安があると感じる方も多いと思います。
多くの宅配食サービスは添加物などを一切使わずに作っている会社もありますし、塩分や糖質、タンパク質など栄養に偏りがでないような献立で構成されているので健康面でも安心です。

 

コンビニエンスストアのセブンイレブンでは、セブンミールという毎日お弁当を配達してくれるサービスを展開しています。
種類は多様で、価格も500円代から高額なものまで様々です。ご飯も付属しているので安い価格で食事を賄うことができますが、毎日配達してもらうことになるので受取の手間があります。
配達時間に常に自宅にいなければならないですが、安さを重視するならこちらもおすすめです。

 

> セブンミール注文ページ

 

宅配食は自分で料理を作るより安い?

食費節約

 

とにかく食費を安くしたい!と考えるのは家計のことを考えれば当然ですよね。
宅配食はどのサービスも1食当り500円程度は最低でもかかってしまうので、1食当り500円以下の食費を目標にしているという方には高く感じてしまうかもしれません。
自炊をした方が食費は安く済むというのは暗黙の了解の様に感じている方も多いですが、作る食事によっては宅配食を利用した方が結果的にぐっと食費を抑えることが可能になります。

 

例えば魚料理を例に挙げましょう。

 

宅配食サービスのわんまいるは1食セット当たり700円程度で購入できますが、単品でも惣菜を購入できます。
魚料理がとても充実しており、煮魚や焼き魚が200円程度で購入できます。
スーパーで魚を購入すると1匹あたり200円以上は掛かります。焼き魚であれば調理は比較的簡単ですし安く済みますが煮魚だとその他の食材や調味料も必要なので結果的に魚料理一品で300円から400円程度がかかってしまうことも普通です。
こう考えてみると、食べたい料理によっては宅配食を利用した方が食費を安くできますし、プロの料理人が監修した味付けで仕上げられた美味しい魚料理を食べることができます。
作るのが面倒な料理や、食材や調味料が多く必要な料理の場合は迷わず宅配食を利用することが結果的に食費を抑えることにつながるのでおすすめです。

 

一人暮らしの場合は宅配食の方がずっとお得!

家族みんなで暮らしている家庭の食費は、食材を大量に一括購入することで食材自体を安く購入することができますが1人暮らしの場合はそうは行きません。
一人暮らしの方の場合、自炊をするよりも宅配食を利用した方が経済的とも言えます。

 

例えば、一人前の野菜炒めを例に挙げると、ピーマンやキャベツ、茄子を1個だけあれば一人前の量を作れますが、一個ずつ野菜を購入することはできないのがほとんどです。
しかたなく何個かセットで購入しても結果的に食べきれずに腐らせてしまうと、結果的にお金を捨てているのと同じ担ってしまいます。
使い切れないほどの量を購入するのは無駄です。頑張って使い切ろうとすると1週間同じようなメニューになってしまうというデメリットもあります。

 

料理をする際の光熱費のコストの事も例に挙げると、ご飯を炊く場合でも同じような無駄なコストが発生します。
ご飯は1合炊く場合でも、4合炊く場合でも使用する電気量はほとんど変わりません。毎回1合だけ炊いている場合は、家族の家庭と同じだけの電気代を使っていることになります。

 

食材の面でも、光熱費の面でも一人前の料理を作るのは家族で暮らしている家庭よりも一人辺りの食費が高くなります。
自炊するのも良いですが、無理に毎食自炊するのではなく、適度に宅配食を利用することで結果的に食費や料理のコストを下げることに繋がります。

 

自炊する時間も削減できますし、自炊するよりも栄養バランスの整った食事を摂ることができるなど、食費軽減だけでなくメリットが沢山あります。

 

自炊した場合は汚れ物が増えるので洗う時間と水道代や洗剤代も増えていきます。
単身赴任などで1人暮らしをしているサラリーマンの方や、学生の方など、時間も有効に使いたいし、食費も抑えたいという方には特におすすめです。
特にサラリーマンの方は、自炊するのが面倒だからと仕事帰りに外食をして帰宅する方も多いと思います。
安い外食だとしても1食当り1000円程度は使ってしまうものです。
自炊や外食よりも安く済ますことができる宅配食を利用することで、毎食数百円のコストダウンが可能ですし、健康面でも外食よりも安心です。

 

家庭の味が味わいたい!というときにも、手料理感を味わえる料理が宅配食には豊富ですし、食材の品目数も豊富です。
旬の食材も食べられるので一人暮らしの方には特におすすめです。

 

高齢者の方の食費軽減にもおすすめ

高齢者だけで暮らしているご家庭や年金暮らしをされている家庭でも、なるべく食費は安く抑えたいと思う方が多いと思います。
一人暮らしのご高齢者家庭はなおさらだと思います。
食事を作るために買い物に出かける際の交通費もかかりますし、まとめ買いができない分高くついてしまいます。
料理や後片付けの光熱費なども極力抑えたいものですから、自炊するのは余計にお金がかかってしまうということもあると思います。

 

価格の安い宅配食は1食当たり500円代で購入できるので、自炊するには高くついてしまう料理が食べたいときにおすすめです。
高齢になると栄養バランスも気になるものです。プロの管理栄養士が設定した食事を食べられるので自分で献立を決めるよりも健康的な食事を食べられるのも大きなポイントです。

 

また、ご高齢になりやわらかく調理しないと硬くて食べられないという悩みを抱えている方は、やわらかく調理された宅配食を利用すれば、長時間の料理でかさむ光熱費をかけずに食事が摂れるので結果的にコストダウンに繋がります。

 

どの宅配食も宅配業者を通じて自宅まで配達してくれるので、自分で外出して買い物をする際の交通費や燃料費がかからないという点も大きなメリットです。

トップへ戻る