宅配食事は冷凍で届くけど、味は美味しい?

宅配食事冷凍味

 

宅配食事の利用を考えているけど、冷凍された食材を解凍して食べるのは美味しいの?と気になっている方も多いと思います。

 

ネットで購入できる宅配食事のおかずは冷凍でのお届けが一般的です。いわゆる冷凍総菜や冷凍弁当など、自宅に届いて食べる時に冷凍された食材を電子レンジ、湯煎、流水解凍をして食事の準備をしていきます。

 

ですが、人によっては凍っていたものを温めて食べるというのに抵抗がある方もいらっしゃいます。また毎日の食事を冷凍総菜で食べるのはちょっと・・というように感じる方も少なくありません。

 

こちらではそんな宅配食事の冷凍総菜の味についてお伝えしています。

 

 

冷凍技術の進歩で、できたての味を食卓にお届けできる

近年の日本の食事事情の中で冷凍食品の普及率は年々上昇していて、利用者の数も増えています。
これは冷凍技術の発達によって食材の味や品質を落とすことなく冷凍することで、できたての味を食卓にお届けできるようになったこともあり、お店の味が自宅で食べられるということも珍しくなくなってきました。

 

宅配食事もこの冷凍技術の恩恵を受けて、今や本格的な和食・洋食・中華といった料理も自分で作るよりも美味しく食べられるようになってきているんです。その味は「所詮、冷凍食品程度かな?」と想像していた筆者にとっては、自分で作るよりも美味しくて手作り感も感じられるなど、冷凍技術の発達を実感した瞬間でした。

 

宅配食事の冷凍方法

宅配食事の各会社にとって食事の味はサービスの優劣を決める重要なポイントです。そして利便性を追求するとお届けは冷凍というのが適している点が多いです。

 

そのため、宅配食事各社は自社で冷凍技術の向上に取り組んでいます。

 

急速冷凍

近年の冷凍食品の分野などの冷凍方法は出来たてのおかずを瞬間冷凍する最新の技術に急速冷凍と呼ばれる冷凍技術が用いられています。

 

冷凍はマイナス18度以下に保つことを言いますが、急速冷凍はそのスピードが早く、それ以前の冷凍で味の劣化を招いていた「氷結晶が細胞膜を破ってしまう」のを防ぐことが可能となっています。

 

急速冷凍は最大氷結晶生成温度帯である、マイナス1度〜マイナス5度をすばやく通過することで、細胞へのダメージを減らしているのが特徴です。
この急速冷凍の恩恵は味など食材の品質維持だけでなく、保存期間の長さも向上させてくれるのがポイントでもあります。

 

従来の冷凍技術では数カ月を過ぎると鮮度が徐々に低下してしまうのに対して、最新の冷凍技術なら数年・数十年といった保存も可能と言われるほど、発達しています。

 

そして真空パックを使って食材を包み、急速冷凍をすることで、外気に食材が触れるのを防ぎ品質維持を保っているのも最近の宅配食事の冷凍の傾向でもあります。

 

急速冷凍によるメリット
  • できたての状態をそのまま冷凍可能
  • 細胞の破壊を防いで食材の質を保つのが向上した
  • 長期間の保存に対応

フリーズドライ(真空凍結乾燥技術)

冷凍食品で見かけるようになった冷凍技術にフリーズドライがあります。真空凍結乾燥技術と呼ばれる冷凍技術で、素材に含まれる水分だけを乾燥させる技術で、元々は医療分野の技術であったものが、食品加工の分野にも応用されるようになった歴史があります。

 

近年ではお味噌汁などのインスタント系はフリーズドライが主流となっています。

 

フリーズドライによるメリット
  • 含まれる成分の変化が無い
  • 微生物の活動を抑制することが可能で、添加物の使用をしなくても長期保存が可能
  • ビタミンなどの壊れやすい栄養もキープできる

 

冷凍総菜のメリットは保存に便利な賞味期限の長さ

冷凍総菜・冷凍弁当といった宅配食事のお届けのメリットは食材の品質を落とさずに解凍した時に美味しく食べられることがありますが、他にもチルド食品と比べて賞味期限の長さがメリットです。

 

宅配食事を利用すると、毎日の食事としてだけでなく、食事作りが出来ない日のストックとして利用することもあります。
この時にチルド食品の場合は日持ちを気にする必要がありますが、冷凍総菜の場合はマイナス18度以下で3カ月〜1年といった長期保存に対応しているのが基本です。

 

ですので、ある程度まとめて注文しておいて、いつでも食べられるようにしておける活用の仕方も宅配食事の便利な所です。

 

冷凍によって添加物の使用を減らすのにも良い影響

冷凍による保存は、チルドや常温保存の食品と違い、保存料・防腐剤・酸化防止剤といった添加物の使用を減らすことができるのも魅力となっています。
調理に必要な着色料や増粘剤などは使われている宅配食はありますが、防腐剤などの添加物を使用している宅配食事は少ないです。

 

宅配食事のわんまいるなど無添加にこだわった冷凍総菜の宅配食事サービスです。

 

>> わんまいるの詳細ページへ

 

オートメーションではなく手作りの宅配食事が増えている

冷凍技術の進歩は食材の質を保ちながら長期保存を可能にしてくれますが、その元となる食事の味自体が美味しくなければ冷凍技術が発達しても、いざ温めて食べた時の満足度は高くありません。冷凍食品の中にも同様な感想を持つ方はいらっしゃいます。

 

宅配食事サービスの中には栄養バランスだけでなく、食事の味にもこだわる宅配食事が増えてきています。

 

宅配食事の味は薄い?

宅配食事を利用した方の中で、味が少し薄味だったという感想を持つ方がいらっしゃいます。
これは宅配食事の献立はカロリーや塩分量に配慮した内容が基本ですので、いつもかなり濃い味を食べている方にとっては物足りないと感じる可能性はあります。

 

ただ、何社か実際に宅配食事を注文して食べている筆者の印象では、薄くて物足りないということは少なかったです。
というのも主菜はしっかりと味付け、副菜は素材を活かした味付け、食事のアクセントとなる出汁やソースによる味付けといった、1食の中でメリハリがしっかりと付いているからです。

 

また、味だけでなく、香りでも食欲をそそるような食材や調味料を取り入れるなど、ただ味が濃いだけでなく、素材の良さも感じられる味わいを基本としている印象があります。

 

冷凍総菜・冷凍弁当の宅配食選びは解凍方法もチェック

宅配食事冷凍味

 

冷凍総菜・冷凍弁当といった冷凍状態で届く宅配食事は冷凍方法だけでなく、解凍方法もチェックしましょう。
特に個別で食材ごとに設定された解凍を案内している宅配食事と、ワンプレートでまとめて解凍ができる宅配食事サービスの2つに大きく分けられます。

 

食材ごとに温めをする宅配食事

  • わんまいる:惣菜がそれぞれ真空パックの個別包装でお届け・食材ごとに解凍方法の指定がある
  • 美健倶楽部:惣菜がそれぞれ個別包装でお届け・食材ごとに解凍方法の指定がある
  • おまかせ健康三彩:ワンプレート上のトレーから真空フィルムで蓋がされたおかずトレーを切り離して個別解凍(まとめて解凍も可)

 

電子レンジで解凍する宅配食事

  • おまかせ健康三彩※湯煎解凍も可能
  • 美健倶楽部※湯煎解凍も可能
  • 食宅便:ワンプレートの冷凍弁当タイプ
  • ウェルネスダイニング:ワンプレートの冷凍弁当タイプ
  • 彩ダイニング:ワンプレートの冷凍弁当タイプ
  • ニチレイフーズダイレクト:ワンプレートの冷凍弁当タイプ

湯煎・流水解凍をする宅配食事

  • わんまいる:湯煎・流水
  • 美健倶楽部:湯煎・流水
  • おまかせ健康三彩:湯煎

個別包装の解凍とワンプレートタイプの解凍はどっちが美味しい?

ご紹介したように、宅配食事会社によって個別包装を採用している会社と、ワンプレートでおかずがセットされている会社があります。
どちらも試したことがありますが、食材によって別々に解凍する方が、解凍した時の仕上がりが良いことが多かったです。

 

ワンプレートの場合、おかずのサイズや量が違う中で同じ時間で解凍することになるので、稀に温まりすぎているおかずがあるということもありましたので、個別包装の解凍は手間はかかるものの、美味しく食べるなら湯煎の方が、じっくりと解凍されるので個人的には好みでした。

 

電子レンジ解凍と湯煎・流水解凍の宅配食事はどっちがおすすめ?

どちらの解凍方法もメーカーが温めた時に一番美味しくなるように考えられているので、味自体はメーカーの味付けによる部分があります。
その上でどちらかを選ぶとすると、食事の準備に使える時間で検討するのが良いでしょう。

 

例えば、宅配食事を利用するご家庭では、一人だけ制限食が必要というケースが多いです。この場合、ご家族の食事を作りながら一人分だけ別に調理するのは大変ですので、電子レンジで解凍できる方が手間もかかりません。

 

また高齢者の一人暮らしの場合は火を使わずに食事の準備ができるという点で電子レンジ解凍は便利です。

 

逆に子育てが終わり、自分たちのための食事を楽しみたい方は湯煎や流水といったおかずに使われている食材が美味しく温まる解凍方法を採用している宅配食事は、電子レンジ解凍でありがちなあたためすぎてしまったということもなく、美味しく食べられるのが良いです。

 

食事の味については好みがありますが、温め方は利用される方の生活環境に合わせて便利な法を選ぶのが一番です。

 

冷凍技術にも自信を持つ味の評判が良い宅配食事

わんまいるの特徴
できたてを急速冷凍、真空パックで閉じ込めたお惣菜は自分で作るのとは違う美味しさです。
個別包装で各おかずに最適な温め時間・温め方法を案内してくれているので、誰でも失敗することなく美味しい食事が準備できます。
価格
1食あたり696円〜
評価
評価5
備考
送料850円(税別) 北海道・沖縄県への配送は1950円(税別)
解凍方法
湯煎・流水・電子レンジ
品数
主菜1品・副菜2品
食材の包装
個別包装
お試しセット
5食セット3,480円送料別
わんまいるの総評
わんまいるは惣菜の製造を老舗惣菜仕出しのお店が料理監修、さらにプロの料理人や評論家、そして社長自らが味のチェックを行い、納得した料理のみを採用するなど、料理自体の味にもこだわっています。

また、この製造工程では機械を使ってオートメーションで作るのが一般的になってきている中、一つ一つの食事を手作りで行うなど、日によって違う食材の状態を見ながら一番美味しく仕上がる方法を取り入れながらおかずを作っているといった解凍した後の惣菜自体の美味しさにこだわった宅配食事です。

ニチレイフーズダイレクトの特徴
長年培ってきた冷凍技術は解凍した時に最も美味しく食べられるように計算されており、揚げものなども美味しく食べられます。
健康食メニューはもちろん、毎日の食事におすすめな厳選グルメなども取りそろえられているため、ご家族で楽しめるのも魅力です。
基本コースにお試しセットが用意されているので、初めての方でもお試ししやすいです。
価格
1食あたり585円〜
評価
評価5
備考
5,000円以上の利用で送料無料
解凍方法
電子レンジ
品数
主菜1品・副菜2品
食材の包装
ワンプレート(冷凍弁当)
お試しセット
気くばり御膳・塩分控えめコース・パワーデリ・糖質控えめコース・脂質控えめ・ウーディッシュ
ニチレイフーズダイレクトの総評
ニチレイフーズダイレクトは冷凍食品会社として長い歴史を持つニチレイによる宅配食事サービスです。
冷凍技術に関するノウハウ、設備は他の宅配食事サービスとはレベルが一段上となっており、解凍した時の美味しさは冷凍食品とは思えない満足度です。

新規医薬品の治験や特保食品の効果測定臨床試験、運動効果測定臨床試験、一般向け高度医療機器効果測定臨床試験などの法人向け食事にも提供されるなど、栄養表示の正確性へのこだわりなど品質が高い食事を提供してくれるのが特徴で、使用する食材に関しても大手食品メーカーである素材の調達力の高さと食材の受け入れ検査基準が高いことでも知られており、食事の品質や安心にもこだわりたい方におすすめできる宅配食事です。

 

宅配食事の冷凍総菜の味まとめ

味の評判が良い冷凍総菜・冷凍弁当の宅配食事は届いた時にはカチカチに凍った状態でも、指定された温め方法で美味しく食べられるように計算されています。

 

10分もあれば、自分で作ろうと思うと1時間以上かかりそうな本格的な料理も準備できるのも魅力です。
もちろん何度食べても飽きないような献立作りを管理栄養士やプロの料理人が監修するなど、利用する人は温めるだけで食事が準備できますが、実際には丹精こめて作られている手作り料理が楽しめます。また、煮込み料理などの手間がかかる料理も種類が沢山、食材の品目数も多彩なので一食でしっかりと健康に欠かせない栄養を摂る本来の食事の役割も果たしてくれます。

 

お買いものに行くのが難しい方、忙しくて中々食事作りに時間を割けずに冷凍食品やコンビニの食事を取り入れているという方にとって、宅配食事は手作り感のある食事は毎日の食事を充実させてくれるサービスとなっています。

 

一人暮らしのお年寄りの食事としても火を使わずに準備できるという点では安心して利用できるのも宅配食事の魅力でしょう。

 

もし宅配食事が気になるけど味に不安があるという方は、お試しセットが用意されている宅配食事サービスで実際に味を確かめるのがおすすめです。

 

 

 

>> 美味しさで比較した宅配食事のランキングはこちら


トップへ戻る