介護の負担を軽減してくれる宅配食事

介護の食事

 

高齢化社会の現代は、老人ホームや訪問介護センター、デイサービスなどが増えてきてはいますが、自分の家族は自宅で自分自身で介護したいという方も多くいます。
また、負担が大きいので本当は施設を利用したいけれど金銭的な問題で利用できないという方も多いと思います。

 

介護は経験したものだけしか分からない大きな負担があり、介護する側に立つと気付けば自分の食事を準備する時間もない!という忙しさを感じると思います。
このページでは、介護に従事される方の家事の負担軽減に活用できる宅配食と、噛む力が弱くなってしまって、やわらかいものしか食べられないご高齢者でも食べられる宅配食をご紹介します。

 

噛む力が弱くなってしまったご高齢者に喜ばれる宅配食

年齢と共に歯が弱くなってしまったり、通常の食事では飲み込みにくいという高齢者の方も多いと思います。
宅配食サービスの中には、やわらかく調理され、歯茎でも潰せるほどのやわらかさに調整された宅配食もあります。
やわらかさの度合いも複数用意されているので、おかず本来の形は維持しながらも口に入れるとホロホロと簡単にくずれるおかずや、ムース状になっていて口に入れるとすぐに崩せるものまで様々です。

 

ご高齢者でも食べやすい宅配食を扱っているおすすめのサービスをランキング形式でご紹介します。
また、予め理解しておくべきこととして誤嚥のリスクがあるご高齢者の場合は、必ず医師の指導の下、食べる食事のやわらかさを選定する必要がありますので心得ておきましょう。

 

やわらかダイニングの特徴
やわらかダイニングの宅配食は、やわらかさのレベルを3つから選ぶことができるのでご高齢者の好みに併せた食事が選べます。

◆ちょっとやわらかめ宅配食(ご飯無し)
通常の食事よりやわらかく、程よいやわらかさ
7食セット4,968円 1食当たり710円

◆かなりやわらかめ宅配食(ご飯無し)
おはしですっと切ることができます。
7食セット5,616円 1食当たり802円

◆ムースやわらか宅配食(ご飯無し)
スプーンでつぶせるほどのやわらかさです。
1食当たり5,616円 1食当たり802円
価格
7食セット4,968円
1食当たり710円〜
評価
評価5
備考
初回送料無料 定期便通常送料350円
やわらかダイニングの総評
1食当り3品のおかずがワントレイに盛り付けられている宅配食セットで、冷凍保存された状態で配送されます。冷凍庫で保管しておいて、食べるときにトレイごと電子レンジで温めることですぐに食事を提供できます。
トレイのまま出せば洗い物がでないので家事の負担が軽減できますが、味気ないと感じる場合はお皿に盛り付けて提供すれば手作り感を演出できるので便利です。 また、やわらかく調理された料理であっても、見た目もおいしく調理されているので継続して利用しやすいのもポイントです。

食宅便のやわらかい食事(あいーと)の特徴
日清医療食品が提供する宅配食サービス・食宅便はご高齢者でも食べやすくやわらかく調理された「やわらかい食事(あいーと)」を提供しています。
おかず1品×7食分のセットとなっており、煮物や魚料理なども充実しているのでご高齢者の好みのメニューが揃っています。

やわらかい食事・あいーとはAセットからCセットまで3つのコースに分かれており、料理の好みに併せてチョイスできます。
7食セット4,406円なので1食あたり630円となっています。
価格
7食セット4,406円
1食当たり630円
評価
評価5
備考
送料350円
食宅便のやわらかい食事(あいーと)の総評
1食おかず一品なので、多くのおかずを味わいたいという方の場合は物足りないかもしれませんが、好きなおかずだけを食べたいという方には、好きなおかずをいっぱい食べられるのでおすすめです。 食宅便の通常のお弁当はトレイに盛り付けられているタイプですが、やわらかい食事(あいーと)の場合は、電子レンジでの温めとなりますがお皿に盛り付ける必要がありますので、把握しておきましょう。

介護に従事される方の負担軽減になる宅配食

介護に従事されている方は、家の家事から介護までありとあらゆる仕事に追われてあっという間に1日が終わってしまったという方が多いと思います。
気付けば自分は食事を摂っていない…という日もあるかもしれません。

 

介護に従事されている方に起こる問題のひとつとして介護疲れがあります。
心労を始めとした疲れもありますが、忙しさに追われて十分な食事を摂っていないということも、疲れを助長させてしまうものです。
ご高齢者の方の食事の準備の負担を軽減すると共に、自分自身しっかり食事を食べるためにも、宅配食を活用することをおすすめします。

 

ご高齢者の方が噛む力が弱くなっていない場合は同じ食事を注文して、同じメニューを一緒に食べることもおすすめです。
噛む力が弱くなってしまったご高齢者には「やわらかい宅配食」を注文し、自分には通常の宅配食を注文しておく、という形で利用すればどちらも電子レンジであたため調理するだけなので料理の負担がぐっと軽減します。

 

介護に従事されている方におすすめの宅配食は、おかずが全てワントレイに盛り付けてあるタイプです。
洗い物がでませんし、トレイごと電子レンジに入れて温めるだけ準備が完了できるので時短に繋がります。
また、宅配食は管理栄養士が監修した栄養バランスのよい食事なので、自分自身で作るよりも健康的とも言えます。

 

介護従事者さんにおすすめの宅配食をランキング形式でご紹介します。

 

ワタミの宅食の特徴
毎日食事を決まった時間に届けてくれる宅配食です。

食事の準備も電子レンジで温めるだけで良く、おかずの品数やご飯付きも選べるので介護時の食事作りの負担を大きく減らしてくれます。

健康面もしっかりと考えカロリーや塩分量にも配慮されています。

まごころ手毬は5食で1食あたり490円と毎日食事が必要な高齢者の方のための宅配食としてお財布にも優しいです。
まごころ御膳を選ぶとご飯付きの食事になるので、ご飯を用意する必要がないため便利です。

おすすめのコース
まごころ手毬:5食2,400円
まごころ御膳:5食2,900円
価格
490円〜
評価
評価5
備考
自社配送

食宅便の特徴
食宅便で和食や洋食・中華、肉料理・魚料理コースなど好みに合わせたメニューを選ぶことができるので、忙しい介護の合間のささやかな喜びとして食事をセレクトできます。
また、おまかせコースの場合は7食セットで3,920円、1食当り560円という安さなのでコストを抑えたいという人にもおすすめです。
1食当り5品のおかずがセットされているので多くの種類のおかずを楽しみたいという方にもおすすめです。
価格
7食セット3,920円 1食当たり560円
評価
評価5
備考
送料350円
食宅便の総評
食宅便の宅配食セットにはご飯は付属していませんが、1週間に一度まとめてご飯を炊いてラップで小分けに保存しておけば、代用できるのでおすすめです。

冷凍保存することで数ヶ月間の保存が可能です。纏めて注文しておいて、冷凍庫にストックしておけば昼夜問わず、食べたいときにいつでも食事ができるという便利な使い方もできます。

ウェルネスダイニングの特徴
ウェルネスダイニングは、やわらかい食事を提供している「やわらかダイニング」の関連サービスです。ご高齢者のためにやわらかダイニングを利用する場合は、介護従事者さんの食事としてウェルネスダイニングを利用するのもおすすめです。
味付けの傾向も似ているので、同じ食事を食べているような感覚を体験できるので一緒に食事を食べるという方の場合は「やわらかダイニング」と「ウェルネスダイニング」をセットで利用するのもおすすめです。
価格
7食セット4,644円 1食当たり663円
評価
評価5
備考
初回送料無料
ウェルネスダイニングの総評
ウェルネスダイニングもご飯は付属しませんが、低糖質低カロリーご飯が別途販売されているので一緒に注文することが可能です。
ご飯を炊くのも負担になりますから、ご飯炊きの労力もカットしたい場合は一緒に注文して置くのがおすすめです。温めはお弁当と同様電子レンジで温め可能です。

 

介護と家事の負担軽減のために宅配食のタイプを理解しておきましょう!

宅配食のサービスには様々なタイプがあります。
プラスチックのトレイに一食分のおかずがセットされており、電子レンジで温めるだけで食事の用意が完了できるものや、おかず一品ずつ湯せんで温めるタイプなどもあります。
トレイに予め盛り付けられているものであれば、電子レンジで温めるだけですぐに食べることが出来ますし、出来立ての味を味わえますので面倒な自炊の必要がなくなります。
料理の負担を軽減することができることは、ご高齢者だけで暮らしている家庭にはとても便利だと思います。

 

また、配送にもサービスごとに種類があります。
宅配業者によって冷凍配送されるものは、冷凍庫にストックしておけば数ヶ月間保存が可能です。
一方、毎食ごとに当日に作られたお弁当を毎日届けてくれるサービスもあります。
ヨシケイや食宅便には、専属のスタッフが毎日家まで1食ごとに届けてくれるので、温めの手間すらいらないというタイプのものもあります。
毎日お届けくれる宅配食は、高齢者だけの世帯の見回りとしての機能も果たしてくれるので安心感が増すサービスです。

 

このように、宅配食には様々なメリットがあります。
便利な宅配食事を利用して、忙しい介護の中での毎日の食事作りの手間を軽減してみてはいかがでしょうか。

 

介護従事者さんに聞いた介護から生まれる悩み

介護従事者

現代は高齢化社会とも言われており、これから更に高齢化が進むと言われています。
子供出生率に比べると高齢者の数が劇的に増え、街には様々な高齢者向けの施設が増えています。
例を挙げると、老人ホームやデイサービス、訪問介護センターなどもそのうちの一つです。
このような施設を利用する高齢者も多いですが、施設などの力を使わず自宅で老後を過ごしている方や、家族が介護をするという方も多くいらっしゃいます。

 

自宅介護をされている方の中には、介護に従事される方の負担過多を始めとして様々な問題が起こっていると言われています。

 

例えば足腰が悪く、自分ひとりでは日常生活を送ることが出来ないというケースもあり、そのような場合には訪問介護などからヘルパーが派遣されますが、このヘルパーさんも時給が高額なために、週に数回が限度になってきます。

 

最近では介護制度が変わったため、時間も制限され、今まで長時間可能だったのが時間数を減らされることとなりました。
そのため、入浴介助や買い物の付き添いだけで1日が終わってしまうということもあります。
中には食事の支度も出来ないのに、そのまま利用者を放置して帰らなければいけなくなり、心苦しい思いをするヘルパーさんもいるようです。

 

この問題を解決するためにも、食事宅配サービスの存在は貴重です。
宅配食事は、プロの栄養管理士が栄養バランスを考えて作られたものなので、健康的な食事を摂ることが可能になります。

 

例えば、糖尿病患者の方が医師から糖質を制限した食事メニューに改善を指導されている場合、自宅で食事を用意する際には細かい栄養バランスまで管理しきれない!という場合もあると思います。
しかし、宅配食のメニューの中には糖質を制限した食事など揃っているので、糖質制限だけでなく塩分や糖分も控えめにしたいという方の食事としても選ばれています。
高齢になって摂取する栄養のことも考慮すると、宅配食を利用することで介護の負担や家事の負担が軽減できるのでおすすめです。

 

当サイトで紹介している宅配食サービスは、医療施設・社会福祉施設でも採用されいる宅配食事もありますので、価格も比較的安く、何より栄養バランスが良い食事なのでおすすめです。

トップへ戻る