たんぱく質調整の食事メニューがある宅配食事

腎臓食宅配

 

年齢と共に腎臓の健康に不安を感じている方、実際にお医者さんから腎臓に関する病気と診断されている方にとって日々の食事には症状に合わせて栄養の摂取に関する数値が設けられ、栄養指導による食事療法を行っていくことがあります。

 

一般的に腎臓食と呼ばれる食事は食事療法の一つで、主にたんぱく質や塩分量を調整、さらに炭水化物や脂質の量を摂るといった食事をするのが基本です。

 

参考:厚生労働省HP腎疾患対策

 

慢性的な病気による食事コントロールは入院している場合は良いですが、自宅療養で通院をされている方にとっては日々の食事作りの負担がとても大きいです。
宅配食事の中には調整食に適した栄養範囲の食事を提供しているサービスがあります。

 

中でもタンパク質調整や塩分制限といったメニューは腎臓の健康に不安がある方が自宅で栄養指導のもと食事を用意する時などに利用されている方が多いです。

 

もし食生活の中でタンパク質や塩分の摂取量をコントロールしたいけど食事作りの負担が大きい方は宅配食事サービスの活用を検討されてみてはいかがでしょう?

 

こちらではタンパク質調整食を用意している宅配食事サービスをご紹介しています。

 

>> 減塩食・塩分制限メニューがある宅配食サービスはこちら

 

 

タンパク質調整食を扱っている宅配食事

ウェルネスダイニングのタンパク質制限食
管理栄養士が数値を細かくコントロールした調整食です。たんぱく質の他に塩分やカリウムの量にも配慮しています。

カロリー300kcal以上・塩分2.0g以下・たんぱく質10g以下・カリウム500mg以下

価格
7食:4,800円(税別)
14食:8,400円(税別)
21食:13,900円(税別)
価格
1食あたり686円(税別)
評価
評価5
備考
初回送料無料 2回目以降700円(定期購入350円)
注文単位
7食セット〜
ごはんの有無
無し・別売りで低たんぱくご飯有
品数
主菜1品・副菜3品
解凍方法
電子レンジ
特典
定期購入で摂りすぎ防止器3点セットプレゼント
ウェルネスダイニングの総評
タンパク質・塩分制限コースの他にカロリー制限食・塩分制限食・たんぱく制限食・糖質制限食といったコースが用意されている食事制限をサポートする宅配食事サービスです。 利用者は無料で管理栄養士の栄養相談を受けることができます。

ニチレイフーズダイレクトの特徴
たんぱく質を控えたい方向けのコースはA〜Dの4コースの他に魚メインのコースが用意されています。

期間限定メニューも用意されており、こちらは8食セットの他に単品注文も可能という利便性が高いのが特徴です。
レトルト食品やご飯付きの食事、ごはん・麺、調味料といったたんぱく質調整食品のラインナップが豊富な宅配食です。
標準栄養成分はエネルギー244kcal、たんぱく質9.9g、食塩相当量1.7g

価格
たんぱく質A〜Dコース7食:4,908円(税別)
たんぱく質魚コース7食:5,093円(税別)
たんぱく質お試し4食:2,760円(税別)
気配り御膳たんぱく質おかずコース(期間限定)8食:5,370円(税別)
気配り御膳たんぱく質お肉コース(期間限定)8食:5,278円(税別)
気配り御膳たんぱく質おかずコース(期間限定)単品:700円(税別)
気配り御膳たんぱく質お肉コース(期間限定)単品:700円(税別)
キッセイ(ゆめの食卓・ゆめシリーズ):950円(税別)
ピーエルシー:140円(税別)〜
ジャネフ プロチョイス:単品325円(税別)・14食4,658円(税別)
ごはん・麺:単品160円〜セット2,821円(税別)〜
サポートアイテム(調味料など):174円(税別)〜
価格
1食あたり585円から
評価
評価5
備考
冷凍配送全国一律800円※5000円以上の利用で送料無料
注文単位
単品・7食〜
ごはんの有無
メニューによって付属している・別売りで低たんぱくご飯・麺も販売
品数
主菜1品・副菜4〜6品
解凍方法
電子レンジ
特典
会員限定ポイントサービス
ニチレイフーズダイレクトの総評
お試し4食も用意されているので、初めてならこちらでたんぱく質調整食の味やサービスを体験できます。

他にも通常の健康に配慮したメニュー気配り御膳や塩分を控えたい方向けのコース、脂質を控えたい方向けのコース、カロリーを控えたい方向けのコースといったケアコースが用意されています。

日清医療食品の食宅便の特徴
食宅便のたんぱくケアコースはA〜Fの6コースが用意されています。メニューも豊富ですので、飽きずに続けられるのが魅力です。

1食あたり目安としてご飯150gを喫食した場合でたんぱく質13g、塩分2.0g、カリウム500mg、リン270mg以下に設定されています。

価格 4,019円(税別)
価格
1食あたり約574円
評価
評価5
備考
送料350円
注文単位
1食(エリア限定)・7食〜
ごはんの有無
付属無し
品数
主菜1品・副菜4品
解凍方法
電子レンジ
特典
購入ごとにポイントがもらえる(500ポイントから景品との交換が可能)
日清医療食品の食宅便の総評
定期便は基本毎週お届け、隔週お届け、毎月お届けから選べます。
また、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の対象エリアの方なら1食づつ温かい作り立てのお弁当を当日に届けてくれるサービスもあるので、解凍の手間が無くたんぱく質調整食が食べられるのもポイントとなっています。

ケアシリーズにはたんぱくケア以外に塩分ケア、カロリーケア2種類、やわらかい食事といったメニューも提供しています。

 

疾病による食事制限・食事調整はかかりつけ医指導の元、行いましょう。日々の食事に宅配食事を利用する際にもかかりつけ医に相談の上検討することをおすすめします。


腎臓病の栄養指導に取り組むのにスーパーの食材では難しい?

腎臓の健康に不安がある方、医者から腎臓に関する病気と診断された方にとって日々の食事は内容を重視していかなくてはなりません。
普段利用しているスーパーで用意した食材で作るにも、たんぱく質・塩分の調整と共にカロリーや脂質といった面も意識する必要があります。

 

料理に詳しい方ならスーパーで買い物をした食材を使い腎臓をいたわる食事を用意することは可能でも、大抵の方にとって食材の栄養情報などは、おおよそしか把握できていないのが現実です。そんな中で作る食事は作る側にとっては正直手間がかかり、食べる側にとっては味気ないものになってしまうことが多くなります。

 

たんぱく質を調整すると主菜となるお肉や魚の量も一切れ程度になってしまい、さらに塩分調整をすることで、味にも満足できないということが多くなります。

 

宅配食の活用で食事制限をストレスなく続ける

お医者さんから食べても問題無いと判断された数値の中で宅配食を選ぶことができれば食事制限の負担を減らせるかもしれません。

 

宅配食事サービスが提供するたんぱく質調整食は

  • たんぱく質・塩分量を調整
  • 炭水化物・脂質量を調整
  • 他の栄養バランスに配慮した内容
  • 自分で作るよりも品数が豊富
  • 季節に合わせた色味・風味を活かした調理
  • 食べた時に美味しいと感じられる料理を管理栄養士が監修
  • 食べた時の満足感も重視
  • 食事は電子レンジなどで解凍して準備が楽

というように自分で用意しようと思うと大変な面をしっかり解決してくれるのが特徴です。

 

そのため宅配食を食事制限に活用するメリットとして

  • 食事作りの負担が減らせる
  • 調整食が必要な家族の1人分だけの食事を別で用意する必要がない
  • 毎食違うメニュー・味付けの趣向が違うので食べる方が飽きない
  • 食べ過ぎを防げて栄養管理が楽
  • サービスによっては管理栄養士による栄養相談が受けられる
  • 冷凍総菜なので保存期間が長いので管理も楽
  • 注文はネットなら24時間注文受付

以上の面が挙げられます。

 

もちろんデメリットとしてはスーパーで食材を買って料理を作る方が安く上がりますので、食費が利用前よりも増えることがあります。
この点については、価格面で努力している宅配食事サービスも増えていますので、うまく比較しながら活用することで、食費の増加を抑えられます。

 

何より無理なく自宅での食事療法が続けるために負担を減らしてくれるのが宅配食事のメリットと言えます。

 

たんぱく質調整食を提供している宅配食会社

健康宅配
メディカルクック宅食便
ミールタイム
ウェルネスダイニング
ニチレイフーズダイレクト
食宅便
彩ダイニング
彩食健美
ビースタイル本店
アットライナ
けんたくん
健康うちごはん
すこやかキッチン
ほほえみサポーター
食と健康社

 

自分に合った調整食を選ぶコツ

宅配食事を自身の食事療法に取り入れる場合、まずはかかりつけ医・管理栄養士による栄養指導を元に1日、1食の中でどれくらいのタンパク質や塩分を摂ることができるのかを把握して、その数値内に抑えられるたんぱく質調整食を提供している宅配食事サービスを選ぶのがスタートです。

 

例えば腎臓を患っている方でも慢性腎臓病の方、人工透析を受けるような人とでは1日のたんぱく質や塩分摂取の目安が違ってきます。
1食の中でこれらの栄養数値が収まる範囲の宅配食事を探すのがおすすめです。

 

たんぱく質調整食はご飯付きがおすすめ?

宅配食事の献立はおかずのみの冷凍総菜タイプとごはんもセットになったタイプ、さらにご飯が別売りで用意されているタイプの宅配食事がありますので、用途に合わせて選びましょう。

 

ご飯の量はつい食べ過ぎてしまうという方は、ごはんがセットになった宅配食事が数値の管理がしやすいです。また、ごはんを楽しみたいけど数値も収めたいという方の場合は低たんぱくごはんを販売している宅配食事を利用すると、1食を目標の数値内に収めやすくなります。

 

>> 制限食に役立つ低たんぱくごはんを用意しているウエルネスダイニング

 

腎臓病にまつわる食事療法の基本

腎臓を患った方に勧められる食事療法の目的の一つにタンパク質摂取の調整が必要になるケースが多いです。これは機能が低下した腎臓への負担を軽くすることが目的となっています。

 

腎臓の働きの一つにフィルターのような役割をしていて、流れ込む血液に含まれる老廃物を取り除き、浄化するというのが一つの働きです。
例えば、慢性腎臓病とたんぱく質の関係は、たんぱく質は体内で使用された後、老廃物となります。本来フィルターの役割をする腎臓によって処理され尿として排出されるのですが、腎臓機能が低下することで老廃物が排出されず、血液中に老廃物が蓄積してしまい、この蓄積した老廃物がさらに腎臓へ負担をかけてしまい、腎臓の機能を低下させてしまうというのが問題になってくるため、症状・ステージに応じて適正な量に調整が必要とされています。

 

日本腎臓学会:慢性腎臓病に対する食事療法基準2014年版PDF

 

食事の中では

  • たんぱく質は摂取不足に注意しながら制限
  • 塩分は基準内に収まるように制限
  • カリウムは必要に応じて制限
  • カロリーは十分に確保

というような内容に基づいて食事療法を進めていくことが多いです。

 

中でも肉・魚といった主菜に多く含まれるたんぱく質を不足しないように注意しながらも制限をするという、たんぱく質の摂取に関する食事の調整はご家庭で食事を調整するのが難しい面があります。

 

腎臓病の方向けの食事レシピもネットなどで公開されている

たんぱく質量の調整を含めた腎臓病の方向けの食事レシピはネットなどでも公開されています。
一つ一つ確認しながら食事の準備をすることで、慣れていけば習慣として食材選び、調理方法、調味料の使い方などの工夫の仕方がわかってくるので、活用することもポイントです。

 

食事だけでなく、間食などでもたんぱく質や塩分を控える工夫が必要となりますので、参考に料理のレパートリーを少しずつ増やしていく必要があります。

 

肉料理での調整のポイント

お肉はたんぱく質源の基本です。食べたいけれど、たんぱく質の摂取量がオーバーしてしまう可能性もあるので、調理に工夫が必要です。

 

制限食や調整食のポイントとなるのが、使用するお肉自体は少なくても味わいを感じられるように食材の品目を増やしてアレンジするのが基本です。
野菜を上手く使いヘルシーでカサ増しをしつつ、味付けではニンニクやショウガといった味のアクセントになる食材で食べた時の満足度を高めて減塩も行うことで調整に適した内容に近づけます。

 

例えば、少ない肉に衣をつけて揚げ物にしたり、野菜と一緒に炒めて増やしたり。ショウガやニンニクでアクセントをつけることで、減塩でも物足りなさを感じない味付けに仕上がります。

 

魚料理での調整のポイント

魚も肉と同様にたんぱく質源の食材です。ですので、肉と同じく魚自体の量を減らしつつ、他の食材でボリュームをアップさせる工夫が必要です。
揚げものや野菜、こんにゃくなどの調整食に適した食材を使用しながらボリュームをアップしていくのがポイントです。

 

煮魚などは塩分が多くなってしまうので、注意が必要ですし、焼き魚の場合は醤油などの調味料の使い方も意識しましょう。

 

デザートでの調整のポイント

果物やデザートにもカリウムや卵やバター、ヨーグルトなどが使用されているものが多いです。
カリウムを控える必要がある場合には茹でる・煮るといったアレンジでカリウム量を控えるのがポイントです。

 

デザートは寒天とフルーツを合わせたもの、コンポートなど加熱をしてカリウムを控えたアレンジも基本と言えます。
みかんはカリウムが少ない果物ですので、生の果物が食べたいという場合にはカリウム量が少ない果物をチョイスするのが良いですね。

 

腎臓食の基本まとめ

腎臓食を作る必要がある場合、病気や栄養に関する正しい知識を身につけつつ日々の料理を作る必要があります。

 

ですが毎日食べ飽きないように献立を考えるといった苦労が出てきます。これらの負担を考えると自分ですべて食べるものを作るというのは現実的ではありません。宅配食はもちろん、ネット通販でも腎臓をいたわる食品・デザートも購入できますので、うまく活用しながら料理を作る方の負担を減らし、食べる方の楽しみを無くさないようにできると、ポジティブに食事療法も進めやすくなるかと思います。

 

その中で自分の目的に合った料理が用意されている宅配食事を利用するというのは、現代の食事制限のポイントとなるでしょう。

 

たんぱく質調整は食事療法の一つの要素です。さらに様々な栄養に関する調整が必要なのが腎臓病にまつわる食事です。
かかりつけ医の指導・判断のもと、食事作りのヒントにしてみてはいかがでしょう?

トップへ戻る